毛穴をなくす方法!これで毛穴を消すことができる

毛穴をなくす方法をご存じですか?一番効果的なのはがホットクレンジングと言われています。毛穴の開きに悩んでいる方にオススメのホットクレンジングをご紹介!

毛穴消す

毛穴が消えるレーザー治療!毛穴をなくすならこれしかない

投稿日:

毛穴の問題を解決するべく、ネットで調て実践したけど効果が得られなかった方は居ませんでしょうか?
もしかするとその方法は間違っているのかもしれません!毛穴は様々な分類があり、分類によって原因も様々なのです。しっかり原因を知ってお手入れをすることで、目立つ毛穴の問題を解消できます。
毛穴の悩みによっては、ネットで調べてた方法ではなく、レーザー治療という方法もあるので今愛紹介していきたいと思います。

毛穴トラブルにレーザー治療?!

化粧をしても隠すことが出来ない毛穴のブツブツや凸凹…そんな悩みを抱えている人は多くいると思います。また、様々な化粧品を試したが効果が得られない・むしろ悪化していく・変化がないなど悩みを持っている人も多いでしょう。
そんな時、レーザー治療を検討してほしいと思います。自分で問題を解決できない!と思う方は、医療の力を頼ってみてはいかがでしょう。

レーザー治療に効く毛穴の問題

毛穴の問題として開き・詰まり・黒ずみ・たるみ・色素沈着にわけられます。これらの原因を知り、アナタに合うレーザー治療を見つけましょう。

毛穴の開き

毛穴の開きは、皮脂の過剰分泌・乾燥が原因です。年齢関係なく誰もに見られる症状です。
皮脂による毛穴の開きは、オレイン酸が原因だと言われています。皮脂に含まれるオレイン酸が肌を刺激、毛穴の周囲に細胞を増殖させてしまうのです。すると、毛穴が盛り上がり穴の部分は凹んでしまっているようにみえるのです。「すり鉢状」と言われる毛穴になります。

乾燥による毛穴の開きは、乾燥のためのバリアが低下、正常な角質が作れなくなります。そして肌の表面が縮んでしまうのです。肌が縮む=キメが乱れ、毛穴が開きやすくなっている状態になっているのです。毛穴には保温が肝心なのでここにワケがあります!
そして乾燥は過剰な皮脂の分泌も招いてしまいます。乾燥肌の方でも放置しておくとすり鉢状態になってしまうのです。

毛穴の開きをレーザー治療するには

皮脂や乾燥からの毛穴の開きは、「ターンオーバーを促進してくれるレーザー」が有効です。レーザーを当てて素肌を変わらせることで、毛穴周囲をフラットに見せるように出来ます。一般的な治療法として「フラクショナルレーザー」だと言われています。

※フラクショナルレーザーとは

レーザーを面で射光するのではなく、点状に射光していくことで皮ふに規模の小さい穴を開けて、ワンポイントに熱エネルギーを与えながら通常通りの肌へ再構築と瘢痕組織の圧縮を行いコラーゲンの増生することで表皮が改善されていく美容ケアです。アンチエイジング即効性ももちろんですが、シワ・たるみの好転、ニキビ跡のクレーター、毛穴の開き、そばかすなどに効果を見せてくれます。
利点として、一番の作動はレーザーを点状に射光するので毛穴などの凸凹、ニキビ跡の回復する効果が期待できます。ニキビ跡のクレーターは傷跡と同じなので、治療では大変難しい状態なのです。化粧品・ピーリングなどの対処法が有りますが、最も効果的なのはこの「フラクショナルレーザー」です。また、肌の若返りのサイクルが作れる効果の高いレーザーでもあるのです。
フラクショナルレーザーの種類は、皮ふを削るアブレイティブタイプ・ノンアブレイティブタイプがあります。

たるみ毛穴

たるみ毛穴は「皮脂のたるみ」です。30代後半から年齢肌・乾燥肌の人に出やすいです。
たるみ毛穴は真皮のコラーゲンが劣化・減少によっておこります。コラーゲンの劣化すると肌の弾力がなくなり、たるんでいってしまいます。このたるみが、皮ふを下方向へ引っ張ってしずく型のけあなを作ります。頬を引き上げて毛穴が消えるという方はたるみ毛穴かもしれません。

たるみ毛穴をレーザー治療するには

肌を引き締めながら、コラーゲンを生成促進してくれるレーザーが良いでしょう。肌のハリ・小じわにも効果的です。見た目も若返りが期待できるでしょう。一般的な治療法として「フラクショナルレーザー」「サーマクール」と言われています。

※サーマクールとは

切らずにできるたるみ治療です。たるみ・シワ・引き締め・小顔・美肌・ニキビに効果を発揮します。高周波RFでコラーゲンの生成・ハリと弾力を与えていきます。三次元的に引き締め効果があり、リフトアップ効果が期待でします。また、肌の表面を傷つけずに皮下組織を引き締めていきます。ダウンタイムがないので、腫れづらい・傷がない・赤みが少ないです。

毛穴詰まり

毛穴のつまりは、古い角質70%と皮脂30%で出来ていると言われています。洗顔では取り切れないので、レーザーで解消していくといいでしょう。
角化不全が原因で毛穴の詰まりが起きています。角化不全とは、未熟な角質が表面に出てきてしまってた状態で、摩擦・乾燥・過度なスキンケア・ピーリングで起きます。未熟な角質には自ら剥がれ落ちるので、分解酵素、が少ないです。すると角質はいつまでも溜まり続け、皮脂と混ざって角栓に変化してきます。
また乾燥により、毛穴が開いているのでそこに角質が入りやすくなっています。間違ったケアをしては更に角化不全を招き、悪循環になってしますのです。知られている治療法は「カーボンピーリング」だと言われています。

毛穴詰まりのレーザー治療するには

解決するためには、角栓をキレイにしながら、毛穴を引き締めるレーザーが良いかもしれません。セルフケアでは難しい毛穴閉じることができるレーザー治療なのでとても良いです。

※カーボンピーリングとは

肌の古い角質・毛穴に詰まった老廃物を除去、肌に刺激をもたらしてキメの整った肌にしていく美肌治療です。特殊なカーボンローションを使い、レーザーを射光することで熱エネルギーがカーボンの色素に機能、毛穴の奥の細胞に刺激を与え、再生修復機能を促進します。また、毛穴詰まりの他にニキビ・黒ずみ・肌にハリを与える効果が期待できます。

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみ=イチゴ鼻が一般的でしょう。黒いブツブツ・毛穴の凸凹が目立ちます。
皮脂・角栓が酸化してこの黒ずみは出来てしまいます。メカニズムは、毛穴のつまりと同じです。とてもセルフケアが難しいのが特徴です。参加した角栓をそのまま放置してしまうと、毛穴そのものが色素沈着したりしてしまいます。小鼻以外にも皮脂分泌の多いほほ・顎にもできやすいです。

黒ずみをレーザー治療するには

毛穴の黒ずみにも、角栓を除去しながら引き締めるレーザーがおすすめです。開きが良くないときは黒ずみを取り除き、ちょっと経ってから皮ふを入れ換えるタイプのレーザー治療が有ります。一般的な治療法は「カーボンピーリング」「フラクショナルレーザー」と言われています。

メラニン毛穴

黒ずみと勘違いをしやすいのかこのメラニン毛穴です。シミと一緒のようなものでメラニンが色素沈着しているように変化してます。紫外線・ターンオーバーの乱れによりメラニンが蓄積した毛穴です。見た目は汚れているように見えますが、毛穴そのものに色がついてしまっているのです。
原因が色素沈着なので、引き締め・角質ケアでは消すことが出来ず、ターンオーバーを促進しメラニンを排出させることが改善の方法です。

メラニン毛穴のレーザー治療するには

メラニンを除去するレーザーが良いでしょう。他に美白成分のイオン導入を併せて改善する病院も多いです。一般的な治療法は「カーボンピーリング」「フラクショナルレーザー」と言われています。ちなみにメラニン毛穴のレーザー治療は、病院によって違うので、カウンセリングを受けてから治療することをおすすめします。

まとめ

化粧しても隠しきれない毛穴の問題ですが、化粧品の効果に限界を感じている人は、レーザー治療を考えてもいいと思います。レーザーは表皮・真皮までアプローチしてくれます。しかし、ダウンタイムなど、大きなものがあるのでしっかりカウンセリングを受けてから納得して治療を行ってください。

-毛穴消す

Copyright© 毛穴をなくす方法!これで毛穴を消すことができる , 2017 All Rights Reserved.