毛穴をなくす方法!一瞬で毛穴を消すことができる【誰でも簡単!】

毛穴をなくす方法をご存じですか?一番効果的に毛穴の黒ずみやいちご鼻を消すならホットクレンジングと言われています。毛穴の開きに悩んでいる方にオススメのホットクレンジングをご紹介!

毛穴消す・なくす

毛穴を消すならこれ食べろ!おすすめの毛穴をなくす食べ物

投稿日:2017年11月17日 更新日:

毛穴を改善するにはスキンケアも大事ですが、毎日の食生活でしっかり栄養を取るのも大切です。

脂っこいもの・揚げ物を食べ続けてしまうと皮脂分泌が過剰になってしまったり、また甘いものを食べ過ぎてしまうと毛穴の開きは全く改善されません。

毛穴の黒ずみ・開きは皮脂分泌を抑える食べ物・栄養素のあるものを取るもの大切になります。毛穴が目立ってしまってキレイな肌・美肌になれない方はどんな食材が良いのかわからない方も多いと思います。

今回は、美肌になれるビタミン・栄養成分に分けてピックアップしていきます。毎日の食事に取り入れれば、アナタの肌も美しい肌へと近づく事ができます!

美肌に効く三大栄養素・食べ物

美肌を手に入れるためには、栄養素をバランスよく摂取することが必要です。その中でも意識して取ると良い「三大栄養素」を紹介します。

  • βカロテン
  • タンパク質
  • ビタミンC

美白・ニキビの用件ごとに欠かすことができない栄養成分は変わっていきます。しかしここで紹介する三大栄養素はどんな目的でも基本の美肌栄養素です。

βカロテン

肌を丈夫に潤いを保ってくれるβカロテン。体内ではビタミンAとして働いてくれます。皮ふ・粘膜を強くし、エイジング予防する効果があります。

主に緑黄色野菜に多く含まれています。(100gに600ug以上のβカロテンが含まれている野菜を緑黄色野菜という)

  • 鶏レバー
  • うなぎ
  • モロヘイヤ
  • 人参
  • カボチャ
  • 春菊
  • ほうれん草

βカロテンはとりだめができます。外食が多かった日は、別の日にβカロテンをしっかり取ってください。また油で加熱した方が、βカロテンの吸収は良いので加熱して食べるのが良いでしょう。

タンパク質

肌の材料となるタンパク質。カラダを作る大本の栄養素となります。タンパク質が不足すると、肌の不調・体力の衰えなど色々な弊害が起きます。このような状態でビタミンを摂取しても期待する効果は得ることが出来ません。

肌のハリを作るコラーゲンの元にもなるタンパク質、肉・魚を取り入れると良いでしょう。

  • たまご
  • 乳製品

肉か魚を1日100gまたは、肉か魚50g+たまご1個・牛乳1杯程度の摂取量が目安です。

ビタミンC

保湿・美白・アンチエイジングに良いビタミンC。メラニン色素を生成するのを防ぎシミ・そばかすを予防美白に効果的です。

アミノ酸からコラーゲンが生み出されるのをサポートして、肌のハリを保つ効果も期待できます。アンチエイジングしたい方にもおすすめです。

  • 赤パプリカ・黄パプリカ
  • 菜の花
  • かぶの葉
  • ゴーヤ
  • ピーマン
  • キウイフルーツ
  • ブロッコリー
  • イチゴ
  • みかん
  • リンゴ

ビタミンCは必要以上に体内に入ると、尿として排出してしまいます。また熱にも弱いです。しかし、生で食べて栄養を取るよりも加熱して適正量を摂取できる上、カラダも冷やすことがありません。短時間で加熱して、毎日摂取することを習慣つけると良いでしょう。

毛穴に効く食べ物

ビタミンB1

炭水化物などを摂取した時にコレがしっかり代謝されないと、肌は皮脂を過剰分泌することになります。皮脂分泌を予防するには、炭水化物の代謝を促進する栄養素が効果的です。

  • 豚肉
  • 生ハム
  • たらこ
  • うなぎ

ビタミンB2

タンパク質・糖質・脂質のターンオーバーをバックアップする栄養素です。肌代謝を促進、健康な肌つくりをサポート、エイジングケアをしてくれます。また、皮脂の分泌をコントロールしてくれます。以下の食品を、茹でたり煮たりすることで、カロリーオーバーを抑えることが可能なのでもってこいです。

  • 豚レバー
  • 牛レバー
  • 鶏レバー
  • うなぎ
  • 納豆
  • 舞茸
  • たらこ
  • たまご
  • モロヘイヤ

ビタミンB6

タンパク質・脂質の代謝を助ける栄養素です。肌に潤いを保ってくれます。肌を活性化してくれます。

  • マグロ
  • カツオ
  • サンマ
  • 赤ピーマン
  • さつまいも
  • バナナ

ビタミンA

粘膜の再生・健康な皮ふを作るのに欠かせないのがビタミンA。毛穴の開きが気になる方が欠かせない栄養素です。

  • レバー
  • ほうれん草
  • 人参
  • カボチャ
  • トマト

セラミド

肌の保湿成分であるセラミド。ビタミンAと一緒に摂取することで乾燥を改善、肌に潤いを与えてくれます。乾燥毛穴の方におすすめな栄養素です。

  • こんにゃく
  • しらたき
  • ひじき
  • ワカメ
  • ごぼう
  • ヨーグルト
  • ほうれん草

カロテノイド

活性酸素を除去し、高い抗酸化作用があるカロテノイド。他にもビタミンA・ビタミンC・亜鉛などと摂取するとより効果的です。黒ずみの毛穴に悩んでいる方におすすめな食べ物です。

  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • 人参
  • スイカ
  • トマト
  • オレンジ
  • エビ
  • カニ
  • 卵黄

不飽和脂肪酸

皮脂の材料になる脂質をエネルギーん変化、消費させて体内蓄積を防ぐ効果があります。過剰な皮脂分泌が原因のオイリー肌の方におすすめな栄養素です。

  • サバ
  • サンマ
  • イワシ
  • アーモンド
  • くるみ
  • オリーブオイル
  • 紫蘇油
  • ひまわり油

プラスα!食べ物のポイント

食べ物の取り方・調理の仕方など紹介します。

肉・魚は必須

肌荒れには野菜!と思う方もいると思いますが、肉・魚に含まれている「タンパク質」は、肌を作る材料になります。タンパク質は不足すると肌が不調になってしまいます。肉・魚・たまごを取りましょう。どんな悩みでも肉・魚は絶対です!

生野菜よりも温野菜

生野菜で取れる野菜は多くありません。レタス・きゅうりなどは殆どが水分なのです!ビタミン・食物繊維も微量しか入っていません。

野菜をしっかり取るには、加熱をしかさを減らして様々な野菜を食べることができる温野菜が良いです。

1日の野菜の条件の良い摂取量

「淡色野菜200g+緑黄色野菜100g+豆・キノコ・海藻50g=1日350g」

緑黄色野菜は100g600ugβのカロテンが含まれている野菜のことです。人参・ほうれん草が代表的な野菜になります。

淡色野菜はじゃがいも・レンコンなどの根野菜。緑黄色野菜のようにβカロテンは少ないですが、ビタミン・食物繊維・ミネラルがたくさん含まれています。そのため、美肌つくりに欠かせない野菜です。

食べたコラーゲンは肌のコラーゲンにはなりません!

食べ物から摂取したコラーゲンは効果がありません。タンパク質の一種であるコラーゲンは

カラダの中でアミノ酸に分解、必要なタンパク質に合成、身体全体に使われる

…流れで取り込まれ、食べたコラーゲンはありのまま肌に浸透するわけではないのです。コラーゲンを増やすには、タンパク質を含む食べ物をしっかり取ることです。

タンパク質はコラーゲンの材料です。コラーゲンを直接摂取するより、タンパク質を取った方が効果的です。

開き毛穴にNGな食べもの

皮脂分泌が促してしまうので、ナッツ類・中性脂肪の多く含む食品は取り過ぎに注意してください。また、アルコール・コーヒーなどカフェインを多く含む飲み物は毛穴の開きが気になるときは刺激物となるので摂取を控えたほうが良いでしょう。

まとめ

毛穴の問題によって食べたほうが良いもの悪いものは異なってきます。そのためにも自分の毛穴の問題に合った食べ物を摂取することが良いでしょう。

また、肌荒れ・効果を低下させないためにも「夜8時前には夕飯を食べ終える」「栄養バランスを考える」ことも重要です。そして栄養を活かし美肌を手に入れるためには、「睡眠」も大事になってきます。

寝ている間に取り込んだ食べ物の栄養吸収、体内に取り込んで毛穴の問題を改善してくれる仕組みになっています。

化粧品・洗顔以外にも食べ物で内側からも毛穴の問題を改善していきましょう!

-毛穴消す・なくす

Copyright© 毛穴をなくす方法!一瞬で毛穴を消すことができる【誰でも簡単!】 , 2017 All Rights Reserved.