毛穴をなくす方法!一瞬で毛穴を消すことができる【誰でも簡単!】

毛穴をなくす方法をご存じですか?一番効果的に毛穴の黒ずみやいちご鼻を消すならホットクレンジングと言われています。毛穴の開きに悩んでいる方にオススメのホットクレンジングをご紹介!

毛穴消す・なくす

脇の毛穴の黒ずみが即効で消えたと話題!メリットやデメリット原因とやり方を解説

投稿日:

夏に気になる脇の毛穴。

脇の毛穴の黒ずみの汚れ・ブツブツに悩んでいる方もいるでしょう。脇の悩みが気になってしょうがない方は、夏も満喫できません。

そんな悩んでいる方に、今回は対処法・原因・ケアの仕方をまとめて紹介していきます。

毛穴が黒ずんでしまう原因

ムダ毛の処理による負担

毛抜きを使用してむだ毛手入れをしている方は大半なのではないかと思います。毛抜きの手入れにより、毛穴・周辺皮ふは傷ついてしまいます。毛穴に傷がついてしまうと、毛穴を正常化しようとかさぶたのようなものを作り出すといわれています。コレが、毛穴を黒く見せてしまっている埋没毛の原因になっているのです。

適切なアフターケアを行わないと、無理やり抜いたところが肌を守ろうとして、角質を固くして不要な蓋を作ってしまいます。また、肌に刺激を与えると、メラニンが生成されます。この場合も毛穴の奥にメラニンが蓄積、毛穴が更に目立ってしまいます。

制汗剤の使いすぎ

スプレー・シートなど色々なタイプの制汗剤があります。殆どの制汗剤に含まれている銀などを殺菌・消臭、肌を引き締めるための酸化アルミニウムなどの重金属が毛穴につまってしまっています。これにより、ターンオーバーが乱れ、毛穴が黒くなってしまうのです。

また、ファンデーション・コンシーラーの使用も肌に負担をかけてしまうので使用をおすすめできません。

古い角質・汚れなどの毛穴のつまり

皮脂が詰まっている部分が酸化し、黒く見えることがあります。これは、原因をよく知って、自宅でできるケアを取り入れたり見直すことが題しだと思います。

毛穴と皮脂腺はつながっています。皮脂崖が毛穴を通るのは避けられません。脇は、非確定に皮脂が多い部分とされています。きちんとケアをしないと毛穴に不要な皮脂がつまりやすいといえるでしょう。

摩擦などの刺激

衣類などの摩擦により、肌のダメージが生じてメラニンが生成色素沈着し黒ずみになってしまう可能性もあります。

肌のターンオーバーの乱れ

肌荒れ・乾燥・摩擦・生活習慣の影響によって肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌表面に古くなった角質が澑ってしまう・色素沈着してしまうことがあります。古くなった角質が厚くなって層になってしまうと、脇一面黒くなってしまいます。

自宅でできる毛穴の対策

クレンジング

毛穴の目立ちは、皮脂や古くなった角栓・汚れが要因な方がたくさんいます。試していただきたいクレンジングが「マナラホットクレンジングゲル」です。

顔に使用するクレンジングですが、毛穴の黒くなった部分を解消してくれるとても効果的なアイテムです。詳しくはココ→

皮脂の汚れ以外にも制汗剤のパウダーなどもしっかり洗い流すことができます。化粧落としと同じ様に乾ききっている状態でクレンジングを馴染ませてしっかり洗い流しましょう。

スクラブ

脇の皮ふ全体の表面が黒くくすんでいるのが気になる方は、スクラブを使ったケアがおすすめです。スクラブで古い角質を少しずつ擦り、不要な角質を落としていきます。スクラブは肌に負担がかかるので、数日間間隔を開けて行ってください。

おすすめボディスクラブ

LUSH パワーマスク

アットコスメなどで高い評価を得ているボディスクラブです。ニキビに困難に直面している方に使われているのが大半を占めますが、脇の黒くなった部分にも効果を発揮するそうです。原料が小豆・はちみつ・セイヨウハッカ油など10種類以上から出来ています。

サボン ボディスクラブ

塩ベースのスクラブでアーモンド・ホホバなどの原料が配合、オイル効果もあって肌がツルツルになります。色々な香りがあり、脇からいい香りが漂います。

ハウスオブローゼ Oh!Baby

1988年から今まで400万個売れている人気のスクラブです。肌を優しくマッサージしていくととろとろのテクスチャーに。大小の大きさが違うスクラブが肌を滑らかにしてくれます。

まとめ

今回、脇の原因・やり方対処法を紹介しました。

個人個人でできる対処法を行ないながら、やっぱり気になってしまうものは皮膚科・美容形成外科の手を借りるのも一つの選択肢です。毛穴の汚れ・黒ずみは予防が大切です。毎日のケアをしっかり見直すこともただと思います。

露出が多い季節になる前に、しっかり対策して毛穴レスの脇を手に入れましょう。

-毛穴消す・なくす

Copyright© 毛穴をなくす方法!一瞬で毛穴を消すことができる【誰でも簡単!】 , 2017 All Rights Reserved.